ダイエットするために鍛えるのは脳

運動も断食もしないでできるダイエットがないかと探していたところ、連想力を鍛えればなんでもできるようになるという説をネットで見ました。これは可能になるということではなく、実際に挑戦することができるようになるという意味です。

スララインの口コミ&効果は?

我々怠惰な豚たちが、どうしてなにもやる気にならないのか。それは現在の状況が、生物にとって理想的だからです。安全な環境で動かずに栄養をたくさん摂れるのであれば、どんな生き物だって現状維持をしようとします。つまり危機的状況になれば動き始めるのですが、わざわざそんなことをしようなんて脳は思いません。

ではどうすれば良いのか。鞭ではなく飴を使うのです。痩せれば今よりももっと良い状態になると言って、能を唆してやるのです。そのために必要なのが好奇心を鍛えること、いわば脳の体幹トレーニングです。

具体的にやることは連想ゲームです。目の前のケーキを見て、イチゴが乗っている→色は赤い→赤色といえばリンゴ、というように、認識を発展させていきます。このとき、なるべく飛躍した考えをしてください。例えば、イチゴ→犬小屋のようにです。脳は全く無関係な物事を同時に考えられないため、あなたの中ではイチゴと犬小屋は繋がっています。その細い繋がりを認識し、言語化することによって、脳は物事を関連させる機能を強くします。ーという細い繋がりを=に強化する能力を強めるのです。

痩せたいのに痩せようとする行動に移れないのは、あなたの中で行動と結果の結びつきが弱いからです。連想力を鍛え、認識の結びつきを強くすることができれば、自ずとダイエットに向かうことができるのではないでしょうか。